商標

商標は事業者が取り扱う商品やサービスを他人のものと区別するために使用するマークです。このマークは登録商標として商標権により保護されます。他人が登録商標を同一又は類似の範囲で使用すると商標権の侵害となります。

商標権者が独占的にこのマークを使い続けることにより消費者はこのマークが使用される商品とその他の商品とを識別できるようになり、このマークは自他商品識別機能を有するようになります。

自他商品識別機能を発揮させることができれば、消費者はさらにこの商品がどの事業者から出所しているかを理解することができます(出所表示機能)。事業者は、このマークを使用する商品の品質維持に努めるので品質保証機能を発揮することになります。消費者は、このマークを手掛かりとして商品の購入意欲が湧くこともあります(宣伝広告機能)

このようにマークを使い続けることにより自他商品識別力を発揮し、さらには出所表示機能・品質保証機能・宣伝広告機能を発揮すると業務上の信用(グッド・ウィル)が化体するようになり、そして財産的価値をも有するようになります。

商標が財産的価値を有するようにブランディングすることは重要であり、KEN知財総合事務所は大企業で培われたブランディング戦略に関するノウハウを活用してお客様のブランディングをサポートいたします。

平成26年度商標法改正について

平成26年度商標法改正により色彩のみや音からなる商標も保護の対象になりました。新しく認められた商標を登録するチャンスですので権利化を積極的にご検討ください。

商標の例

■文字    

ハンディカム(商標登録第5647319号)     
 
 ※標準文字として登録されています。


■ロゴ 
a5f606fb8bbd47d9b62e1075d2c59cb8
 (商標登録第1572586号

 DOUTORを装飾したロゴが登録されています。


■立体商標 
328db9207549482f0adef46186e71953
   (商標登録第5384525号) 

 立体的形状も登録されます。